キャッシングの注意点

便利に使えばさまざまなメリットのあるキャッシングですが、欠点は気軽すぎてつい使いすぎてしまうことです。カードローンの場合はキャッシング会社から発行されるカードさえ持っていれば、コンビニエンスストアなどのATMで24時間いつでもお金を用意することができます。返済は、所定の銀行口座にお金を入れておくことで自動的に引き落とされるので、全く面倒はいりません。
しかし、キャッシングが手軽になると、実際に自分の所持している金額との境目があいまいになってくるため、つい「借金をしている」という自覚が薄れてきてしまいます。借りたお金を返済するのも実際に使ってから数カ月あとになるため、ついつい必要のないものにまで買い物をしてしまうこともよくあります。
気を付けなければいけないのは、この返済時期に遅れてしまうことです。期限日に所定の口座に金額がない場合、返済遅滞として扱われます。すぐに気がついた場合、連絡をすれば別の返済方法を教えてくれますが、1日遅れるごとに利息がかかってゆく点には注意が必要です。
また、銀行系のキャッシング会社などでは、返済に遅滞があると債権者が譲渡され別の消費者金融へ返済をしなくてはいけなくなる場合があります。その場合、最初の契約よりも高い利息に再設定されることもよくあり、ますます返しにくい状況に陥っていく可能性がたかくなります。キャッシングを申し込む際には、必ず最初に提示される「利用規約」を読んでおきましょう。